大河原建設

News

お知らせ

先輩社員の声 髙塚龍希(26歳)

2018/06/20

髙塚龍希(26歳)所属:建築事業本部

Q1 当社を選んだ理由

父親の大工の仕事を幼いころから見ていました。中学・高校のときは時間があれば手伝うようになり、建物を作ることに興味を持ちました。父親の仕事を見ているうちに、大工もいいが管理監督者の方が自分には向いているのではないかと思うようになり、高校・専門学校で知識を学び施工管理者を志しました。もともと人と会話することが好きで、みんなで協力して進めていく仕事に就きたいと思っていて、大河原建設なら地元で大小様々な建築物を手掛けていて、昔から馴染みのある会社だったので大河原建設に入社することに決めました。

 

Q2 仕事のやりがいは

今年で入社6年目になり、多数の建築に携わってきました。今まで携わってきた建築物が新しいコミュニティーを作り地域の方に使われている様子を見るとなんか誇らしげな気持ちになります。正直作っているときは大変で苦労するときもありますが、完成した時はそれをはるかに超える達成感があり仕事の醍醐味を感じています。

 

Q3職場の雰囲気は

優しくて時には厳しい経験豊富な先輩や上司、協力会社の人たちがまだまだ未熟な自分を助けてくれます。
困った時は的確なアドバイスを、間違ったときは厳しくも細かな指導をしてくれて感謝しています。
現場の雰囲気も私と同世代の社員から父親くらいの世代の社員が毎日元気よく働いていて常に活気にあふれています。

 

Q4仕事で大変(大事)なことは

業務では同じ建物工事は無いので、常に勉強が必要です。知識だけでなく経験も重要です。先輩や上司、協力会社の方からたくさん話を聞いて指導してそれを確実に自分のものにするために予習・復習を繰り返す。頭を使い体を使い口を使う仕事なので覚えること学ぶことが多いので大変ですが、早く一人前の施工管理者になれるように日々努力しています。

一覧へ戻る